flagflag
            
他の動物の
触角葉

カイコガ

クロ
コオロギ
ルリ
キンバエ
ワモン
ゴキブリ
クロ
オオアリ
アメリカ
ザリガニ
ショウ
ジョウバエ
サバク
バッタ
セイヨウミツバチの胸部神経節 Thoracic Ganglion


藍浩之(福岡大学理学部地球科学科)


ミツバチは3つの胸部神経節をもつ。胸部第2-3神経節は融合している。胸部第1神経節は頸部の動きを制御する神経節、胸部第2-3神経節は翅の羽ばたきを制御する神経節と考えられている。頸部には、胸部前突起上に頸部器官があり、その感覚ニューロンは胸部第1神経節の前方領域、胸部第2神経節、食道下神経節背側領域に投射する(Sandeman et al., 1988; Brockmann and Robonson, 2007; Ai and Hagio, 2013)。胸部第1神経節の前方領域への投射領域には、前胸筋の運動ニューロンが存在する(Markl, 1966)。飛翔時は、胸部に対する頭部の位置を固定することにより体軸を安定させているが、頸部器官はこの動きを制御する感覚器官であることが示唆されている。一方、胸部第2神経節には、飛翔運動に関わる神経回路が存在する。頸部器官からの感覚ニューロンの投射がこの領域にあることは、頸部器官からの感覚フィードバックが飛翔運動の制御に関わることを示唆する(Sandeman et al., 1988)。

参考文献

Ai H, Hagio H. (2013): Morphological Analysis of the Primary Center Receiving Spatial Information Transferred by the Waggle Dance of Honeybees. J Comp.Neurol (in press)

Brockmann A, Robinson GE. (2007): Central projections of sensory systems involved in honey bee dance language communication. Brain Behav Evol 70: 125-136.

Markl H., (1966): Vibrational communication. In: Hube, F, Markl H (eds) Neuroethology and behavioral Physiology. Springer Verlag Berlin Heidelberg, 332-353.

Sandemann D, Sandemann R, Tautz J. (1997): Head and abdominal posture and the orientation of honeybees on vertical combs. Zoology 100: 85-97.


updating of the site
Copyright (C) 2018 Neuroinformatics Unit, RIKEN Center for Brain Science