flagflag
            
他の動物の
視葉
カイコガ セイヨウ
ミツバチ
クロ
コオロギ
ルリ
キンバエ
ワモン
ゴキブリ
クロ
オオアリ
ショウ
ジョウバエ
サバク
バッタ
アメリカザリガニの前大脳内側部 AMPN/PMPN


加賀谷勝史(デューク大学)

前大脳の内側部は、不対の中心体から前後に前方および後方内側前大脳ニューロパイル AMPN/PMPN が存在し、前衛部背側にはV字型で不対の前大脳橋 PB が、前方内側前大脳ニューロパイルを文字通り橋をかけるようになっている。前大脳内側部は、姿勢制御、眼柄運動制御にかかわる多数の下行性、局所介在性ニューロンの突起が前大脳内側部に投射する(Nakagawa and Hisada, 1989; Nakagawa and Hisada, 1992; Hama and Takahata, 2003; Hama and Takahata, 2005; Fujisawa and Takahata, 2007)。さらに、歩行運動の準備信号を生成する細胞が前大脳内側部に投射する。歩行運動の継続にかかわると考えられる細胞の樹状突起が中心体を囲むようにに投射する(Kagaya and Takahata, 2011)。だが、多くの下行性ニューロンは中心体には投射せず、前大脳内側部に樹状突起を持つ。たとえば、姿勢制御運動において行動状態に応じた修飾作用を受ける下行性細胞の樹状突起の多くは、前方および後方内側前大脳ニューロパイルに樹状突起を投射する(Hama and Takahata, 2003)。



図.ザリガニの前大脳内側部(水平面)


参考文献

Fujisawa K, Takahata M (2007) Disynaptic and polysynaptic statocyst pathways to an identified set of premotor nonspiking interneurons in the crayfish brain. J Comp Neurol 503:560-572.

Hama N, Takahata M(2003) Effects of leg movements on the synaptic activity of descending statocyst interneurons in crayfish, Procambarus clarkii. J Comp Physiol A 189:877-888.

Hama N, Takahata M (2005) Modification of statocyst input to local interneurons by behavioral condition in the crayfish brain. J Comp Physiol A 191:747-759.

Nakagawa H, Hisada M (1989) Morphology of descending statocyst interneurons in the crayfish Procambarus clarkii Girard. Cell Tissue. Res 255:539-551.

Nakagawa H, Hisada M (1992) Local spiking interneurons controlling the equilibrium response in the crayfish Procambarus clarkii. J Comp Physiol A 170:291-302.


updating of the site
Copyright (C) 2018 Neuroinformatics Unit, RIKEN Center for Brain Science