flagflag

切り抜き詳細

発行日時
2019/10/17 7:52
見出し
適切な医療を適切な患者に届けるには、診断と仕組みづくりが重要――東京大学 佐々木 毅特任教授
リンクURL
https://www.google.com/url?rct=j&sa=t&url=https://news.mynavi.jp/kikaku/companion_diagnostics-3/&ct=ga&cd=CAIyHDVlOGUxNGQyYzQyOTYzMjU6Y28uanA6amE6SlA&usg=AFQjCNEeRCDfNP-Ra0w8xMdP_1FejUIJng 適切な医療を適切な患者に届けるには、診断と仕組みづくりが重要――東京大学 佐々木 毅特任教授への外部リンク
記事詳細
30年以上病理診断に携わってきた東京大学 大学院医学系研究科 佐々木 毅特任教授。乳がんの治療方針を決定するためのコンパニオン診断に関する研究を ...
updating of the site
Copyright (C) 2018 Neuroinformatics Unit, RIKEN Center for Brain Science